アテニアのアイクリームで目のクマ対策※悩み別のケア方法紹介

アテニアのアイクリームで目元のクマ対策

アテニア アイクリーム アイエクストラセラム クマ たるみ

 

顔が老けて見える要因の1つ、目の下のクマ。一口にクマと言っても

  • 青クマ
  • 黒クマ
  • 茶クマ

と3種類のクマがあります。

 

これらのクマの中でも、アイエクストラセラムの効果が期待出来るのは、青クマと黒クマです。

 

▼目元のクマ改善に▼

 

アイエクストラセラムで青クマ対策

青クマは、血行不良が原因で出来ます。

 

長時間スマホやPCを使用して目を酷使することで、目の周りの筋肉が弱まる事、また冷えやストレスなどでも青クマは出来やすくなるんです。

 

アテニア アイクリーム アイエクストラセラム 青クマ

 

アテニアのアイエクストラセラムは、目元の血流低下に着目し、血行を促す独自開発成分『エネリブートGY』を配合したアイクリーム。

 

即ち、特に青クマへの効果が非常に期待出来るアイクリームなんです。

 

青クマはストレッチで血行促進

アイエクストラセラムは青クマに効果が期待出来るとは言え、目周りがコリ固まって血行不良になっている人は、小まめなストレッチで首の筋肉をほぐしましょう。

 

顔全体の血行をアップさせる事で、青クマに対してより効果を実感出来るでしょう。

 

青クマには首のストレッチ

 

@首を左右に倒してストレッチ

首を左に倒し、更に手で圧をかけて倒せる所まで倒します。

 

ゆっくりと筋を伸ばしたら、右側も同じようにストレッチ。

 

A前後にも首を倒して血流アップ

@と同様に、後ろ&前にも首をストレッチ。

 

これ以上倒れないという所から、更に手を添えて伸ばすのがポイントです。

 

B首を左右にぐるりと1周

今度は手を添えずに首をゆっくりと回しましょう。

 

左右ともにゆっくり1周ずつ。これだけで大分ポカポカするはずです。

 

Cリズムタッチで目周りの血行も促進

指の腹をピアノを弾く様にパタパタと動かし、リズミカルにタッピング。

 

目もとの血流もアップして、くすみがクリアになりますよ。

 

▼青クマ対策のお供に▼

 

アイエクストラセラムで黒クマ対策

黒クマの主な原因はたるみです。

 

目の下がたるむと皮膚や骨格部分に影が出来てしまい、その影がクマの様に見えてしまいます。

 

たるみは

  • 乾燥
  • 目周りの筋力低下
  • コラーゲンの減少

など様々な原因がありますが、加齢によって起こりやすくなります。

 

アテニア アイクリーム アイエクストラセラム 黒クマ

 

アイエクストラセラムには、目元にハリ、弾力を与えるサポートをする美容成分が配合されています。

 

とは言え、黒クマの原因のたるみは、アイエクストラセラムだけで根本的なケアをするのは難しい為、マッサージを取り入れるとより効果的です。

 

黒クマにはマッサージ

 

@即頭部を生え際から頭頂部に向け揉みほぐす
  1. 前頭部
  2. 側頭部
  3. 後頭部

の3つのパートに分け、それぞれ生え際から頭頂部に向けて、細かく円を描く様に揉みほぐしましょう。

 

Aおでこもグリグリマッサージ

眉上から前髪の生え際に向けても、@と同様に円を描くように揉みほぐします。

 

爪を立てず、指の腹を使ってマッサージをしましょう。

 

B眉尻からこめかみも同様にマッサージ

眉尻からこめかみも同じ様にマッサージしましょう。

 

目の疲れが出やすい場所なので、念入りにほぐしましょう。

 

C眉をつまむ様にマッサージ

眉も老廃物が溜まりやすい場所。親指と人差し指の腹でつまむようにして、眉頭から眉尻にかけて揉みほぐす。

 

目の下のたるみが気になる人はツボ押しマッサージをプラス

@目頭の下〜目尻に向けプッシュ

薬指の腹を使って、両目の目頭からこめかみへ、溜まった両廃物を移動させるイメージでやさしくプッシュ。

 

A小鼻脇から頬骨に沿ってプッシュ

頬骨に沿うようにして、小鼻から耳の横まで中指でプッシュ。頬骨の上ではなく、下から押し上げるようなイメージで。

 

▼黒クマ対策のお供に▼

 

クマのケアにアイエクストラセラム

アテニア アイクリーム アイエクストラセラム クマ たるみ

 

青クマや黒クマは、隠そうとすると、ますます目立ってしまうので根本的な解決を必要とします。

 

化粧水、乳液、クリームでしっかり保湿するのは基本ですが、アイエクストラセラムで、血行と保湿に働くケアをしましょう。

 

どんよりした目元をスッキリさせましょう。

 

▼青クマ&黒クマをケア▼

 

>> アテニアNavi TOP

inserted by FC2 system